スポンサーリンク

ルピシア グランマルシェ限定フレーバーティー、キャラメルプリンを飲んでみた。茶葉の香り、味のレビュー。

紅茶

ルピシアグランマルシェ限定茶、キャラメルプリン

ルピシアグランマルシェの限定茶、キャラメルプリンを飲んでみたので茶葉の香り、飲んだ味の感想をまとめました。

通常、グランマルシェ限定のお茶はルピシアグランマルシェのイベント会場でしか購入できません。

ですが、今年はコロナウィルスの影響でイベントが中止となったのでルピシアの店舗、オンラインストアでグランマルシェのお茶が購入できるようになっています。

他にもグランマルシェ限定のお茶を飲んだ感想の記事を上げています👇

キャラメルプリンってどんなお茶?

キャラメルプリンのパッケージから紹介いたします。

こちらのお茶はティーバックタイプの販売はなく、茶葉のみの販売となります。

キャラメルプリンのパッケージが可愛らしいです。

商品説明:キャラメルソースを使った濃厚な味わいのカスタードプリンをイメージした紅茶。

ミルクティーに最適です。

今年のグランマルシェのテーマとしてルピシアパーラーという題で喫茶店の人気メニューがフレーバーティーになっています。

その一つがキャラメルプリンです。

パーラーの定番であるキャラメルプリンをイメージしたフレーバー紅茶です。

昔ながらの硬めのプリンをイメージしている紅茶です。

ルピシアではミルクティー向きのお茶としておすすめしています。

茶葉の香り

茶葉の香りは、最初に酸味のあるツンとした香りにカラメルソースのような香ばしいほろ苦いような甘い香りがしました。

茶葉にはマリーゴールドの花びら、バニラも入っているとのことですがバニラがどれなのか分かりませんでした。。

飲んだ感想

まず最初はホットでストレートで飲んでみました。

沸騰したお湯で2分半抽出しました。

水色はこのような感じです👇

結構濃いめの水色になりました。

飲むとキャラメルプリンの甘い風味を感じられます。

少し渋みがありますが、キャラメルプリンの甘いフレーバーのおかげでお砂糖なしでも美味しくいただけました。

次にお砂糖を足して飲んでみました。

紅茶の渋みがなくなって飲みやすくなりました。

次はミルクティーにしてみました。(ミルクとお砂糖を足しました。)

水色はこのような感じです👇

濃厚そうなミルクティーになりました。

飲むとミルクティーの方がキャラメルプリンのフレーバーを強く感じられました。

ミルクのまろやかな味わいがプリン感をアップさせてくれています。

お砂糖とミルクを足しましたがスッキリとした味わいでゴクゴク飲めてしまいます。

次は水出し紅茶にしてみました。

冷蔵庫に入れて3時間抽出しました。

水色はこのような感じです👇

飲む前からキャラメルプリンのフレーバーが強く香ります。

飲むとしっかりとキャラメルプリンのフレーバーを感じられて飲んだ後も口の中にフレーバーが残ります。

渋みは一切なく美味しいです。

水出しの方がキャラメルプリンのフレーバーを強く感じられました。

しっかりとキャラメルプリンを再現されていてさすがルピシアだなと思いました。

プリンフレーバーではなくキャラメルプリンというところもまた面白いです。

こちらのキャラメルプリンのお茶はルピシアの店舗、オンラインストアでとても人気で在庫切れになってしまったほどです。

現在は店舗、オンラインストアでも販売されていますが通常商品ではないので売り切れてしまったら来年のグランマルシェで発売されるかも分からないので気になるようでしたら早目にチェックしてみて下さい。

キャラメルプリンに合うスイーツ

キャラメルプリンに合うスイーツは、セブンイレブンで新発売されたキャラメルバスクチーズケーキです。

手のひらサイズのバスクチーズケーキですが、ずっしりと重みがあります。税込みで267円です。

食べてみると、すっきりとした甘さで甘ったるい感じではありません。

最初に食べた感じはチーズケーキなのですが、後味いキャラメルのほろ苦さを感じられます。

ここでキャラメルプリンを合わせるとバスクチーズケーキのキャラメル感は増すのにキャラメルプリンの紅茶のおかげでお口はすっきりとします。

ストレート、ミルク、水出しで食べ比べてみましたがミルクティーと一緒に頂くとミルクティーのおかげでキャラメルバスクチーズケーキのキャラメル感が増し、キャラメルバスクチーズケーキのおかげでキャラメルプリン感のフレーバーの強く感じられて相乗効果があるなと思いました。

手のひらサイズで小さめですが十分に食べ応えのあるバスクチーズケーキでした。


にほんブログ村↩お茶のブログランキングに参加中です🍵

コメント

タイトルとURLをコピーしました