スポンサーリンク

日本生まれの新しいお茶、サンルージュ。サンルージュってどんなお茶?サンルージュの効能、実際に飲んでみた。

緑茶

日本初の赤いお茶

赤い色のお茶で思い浮かべるお茶は何ですか?お茶に詳しい方なら真っ赤なローズヒップティーやハイビスカスティーを思い浮かべるでしょう。実はもう一つ、赤いお茶があるのです。それはサンルージュという名前の鹿児島県で生まれたお茶です。サンルージュは日本初の赤い日本茶。つまり、赤い緑茶なのです。2011年に品種登録されたばかりの新しいお茶なのでまだ認知度は低いです。収穫量が少なくて栽培が難しいお茶です。サンルージュは、茶葉が太陽の中で育つ赤い新芽が口紅のようだとイメージしたところから名付けられました。日本茶でカタカナ名がつけられたのはサンルージュが初めてです。

元々はじかれていた茶葉だった

サンルージュは、緑色の緑茶と同じ葉っぱからできています。なぜ赤いお茶なのか?それは、通常緑色の茶葉の中にまれに赤い茶葉が出ていることがありましたが、不良品として商品にはならないとはじかれていました。もしかしてこの赤い茶葉には何かあるのかも。。と思い調べてみたところ、アントシアニンの1種、デルフィニジンという成分が豊富に含まれていることが分かったそうです。同じ緑色の緑茶にはアントシアニンは少ししか含まれていません。

サンルージュの茶葉がこちらです。

本当に赤い色をしていますよね。

アントシアニンが入っている緑茶と普通の緑茶の違い

サンルージュは緑茶の成分にプラスでアントシアニンが含まれていることが分かりましたが、このアントシアニンが緑茶に含まれていることでどのような効果があるのでしょうか。

緑茶にはカテキンという成分が含まれています。緑茶の渋みはカテキンなのです。緑茶のカテキンが体の酸化を抑える効果があります。体の酸化とは、いわば体内の錆びです。体内が酸化すると、生活習慣病やシミ、シワ、白髪など老化の原因になります。緑茶のカテキンは抗酸化作用が強いだけではなく、抗菌作用、コレステロール低下作用、体脂肪の低下作用、抗アレルギー作用、血圧上昇を抑える効果などがあります。

そしてサンルージュには、先ほどあげた緑茶の成分にプラスでアントシアニンが含まれています。このアントシアニンにも老けの原因を取り除く抗酸化作用があります。しかもカテキンにアントシアニンをプラスすると抗酸化作用の効果が高まることが期待されています。また、目のピント調整に役立つように酵素の発生を抑えるという研究結果も出ています。

サンルージュの効果をまとめると以下になります。

  • 抗肥満作用
  • コレステロール調整作用
  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 眼精疲労軽減
  • 抗ストレス作用

サンルージュを飲んでみた

【フレーバーティー サンルージュ】 RoseBrew(ロゼブリュー)3袋セット(アップル、ピーチ、ベルガモット) 各7.5g(5P)【メール便送料無料】[M便 1/3]価格:1,000円
(2020/6/20 16:28時点)
感想(1件)

こちらはサンルージュにフレーバーがついたセットで、アップル、ピーチ、ベルガモットのフレーバーがついています。今回はピーチフレーバーがついたサンルージュを飲んでみました。

茶葉の香り

茶葉の香りは緑茶の香りにピーチの甘い香りがします。ピーチの香りがとても甘い香りでミルキーな感じです。少し香りを嗅いだだけなのにピーチの甘い香りが鼻に残ります。

茶葉はこのような感じです👇

茶葉の見た目は普通の緑茶と変わりありません。

飲んだ感想

ティーバックタイプで淹れ方は普通の緑茶と変わりはありません。沸騰したお湯を注いで2分蒸らします。

2分蒸らして出た水色がこちらです👇

薄いピンク色の水色です。

飲むとピーチの風味がきて緑茶の渋みを少し感じます。味は緑茶そのものです。赤いので酸味があるのかな?と思いましたが味は緑茶と変わりありません。このサンルージュは、レモン汁を加えると更に赤い色が増して綺麗な色になります。

レモン汁を加えたのがこちらです。

先程より色が濃くなっているのが分かりますか?レモン汁を加えると少し酸味が加わって甘酸っぱいピーチの風味になるので美味しかったです。


にほんブログ村↩お茶のブログランキングに参加中です。応援クリックして頂けたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました