スポンサーリンク

黄金桂って何?どんなお茶?黄金桂にはカフェインが多くて茶に酔う!?黄金桂について調べてみました。

烏龍茶

黄金桂って何?

黄金桂(おうごんけい)というお茶はご存じですか?黄金桂とは、中国の安渓(あんけい)地区でごく少量に生産される烏龍茶の一種です。黄金桂は、烏龍茶と同じ青茶に分類されます。緑茶や紅茶は、茶の樹から採取された葉を乾燥、発酵させて緑茶や紅茶は作られます。ですが、黄金桂は茶葉の発酵を途中で止めた半発酵茶になります。黄金桂は、黄旦(こうたん)という品種から作られています。半発酵茶である黄金桂は、水色が薄い黄金色をしていてほのかに香り金木犀の香りがします。黄金桂という名前の由来は、そのお茶の香りが金木犀の香りに近いことと、 黄旦 の「黄」と金木犀を意味する「桂」という字がつけられ、黄金桂という品種ができました。生産量がごくわずかなので希少価値が高いお茶として知られています。また、黄金桂はカフェインが多いことでも有名です。

※青茶(せいちゃ)とは、基本的に烏龍茶を意味します。その名前の由来は、烏龍茶の茶葉が青みを帯びた濃い褐色なので青茶と呼ばれています。

黄金桂と烏龍茶の違い

金色の水色と金木犀の香りが華やかな黄金桂は、「金の烏龍茶」と別名がつくほど華やかで上品な飲み口です。黄金桂は、すっきりとした後味で金木犀の甘い香りがいつまでも口の中に広がるような風味がします。烏龍茶によっては渋みがあるものがありますが、黄金桂の飲み口はすっきりとしているのが特徴的です。黄金桂のほのかな甘みがすっきりとした飲み口をさらに引き立ててくれるので渋みが苦手な方でも美味しく飲めます。黄金桂の繊細な金木犀の香りを楽しむにはやはり一煎茶がおすすめです。(一番最初に煎れるお茶のことをいいます。)二煎茶、三煎茶と繰り返し煎れていくにつれて緑茶に近い濃厚な旨みを感じることができるので飽きずに飲むことができます。

黄金桂はカフェインの量が多い

黄金桂は、カフェインが多いことでも有名です。カフェインの作用によって胃が荒れてしまったり、不眠にも繋がる場合があります。そのことを「茶に酔う」と表現されることもあります。ですが、カフェインが多く含まれていることから脳を覚醒させてくれてリフレッシュしてくれる効果が期待できます。カフェインを摂取することによって「疲労回復につながる」ということもありますが、これはカフェインを摂取することで体が覚醒して疲労感を感じにくくなっているだけのことです。カフェインの影響がなくなるのには個人差がありますが、大体6時間程度が覚醒作用が続くといわれています。カフェインの覚醒効果を利用する場合は、疲労回復を目的にするのではなく、あくまでも一時的なリフレッシュをするためと考えた方がいいです。蓄積した疲労がカフェインの覚醒作用で誤魔化すのではなく、睡眠や食生活を整えることで回復させた方がいいでしょう。

ダイエット効果

カフェインには、利尿作用、血行促進作用、脂肪分解酵素を促進などのダイエットにも嬉しい効果があります。黄金桂の飲むタイミングを選べば効率的にダイエットができるでしょう。

消化促進

カフェインには、消化をサポートする胃酸の分泌をサポートする働きがあります。なので消化を促進するのに黄金桂を飲むことをおすすめします。ですが、胃腸が弱っている時に大量のカフェインを摂取すると逆に胃腸が荒れてしまう場合もあるので体調を十分に考慮して飲んで下さい。

集中力アップ

黄金桂はカフェインがとても多いのでカフェインの働きをダイレクトに実感できます。カフェインの効果で集中力アップもそのうちの1つです。カフェインが交感神経を刺激することによって集中力を高めてくれるのです。

🍵本日のこまっ茶🍵

王品黄金桂です☕

王品黄金桂 茶葉50g 中国茶 おうごんけい 烏龍茶 ウーロン茶 うーろんちゃ新品価格
¥1,200から
(2020/7/26 11:16時点)

茶葉の香り

茶葉の香りは、香ばしく、少しほうじ茶の香りにも似ているなと思いました。よく嗅ぐと少しお花のような香りもします。茶葉の時点では、私には金木犀の香りは感じられませんでした。。。

水色はこのような感じです👇

沸騰したお湯で抽出時間は1分です。

飲んだ感想

お茶自体は香ばしい香りがするのに優しい香りがします。飲むと優しい口当たりですっと口に馴染んでなくなります。口に含んだ時にお花のような風味を感じますが、これが金木犀のようと表現されているのでしょうか?渋みもなく優しい飲み口なのでゴクゴクと飲めてしまいます。このお茶がカフェインが多いお茶とは信じがたいですが、私はカフェインが体質的にあまり強くないので飲む量には気を付けたいと思います。


にほんブログ村↩お茶のブログランキングに参加中です🍵

コメント

タイトルとURLをコピーしました