スポンサーリンク

三国屋善五郎から発売されたスイーツほうじ茶。スイーツほうじ茶って何!?スイーツほうじ茶 いちごパフェのレビュー。

ほうじ茶

スイーツほうじ茶

今月、お茶の専門店三国屋善五郎からスイーツほうじ茶が発売されました。

スイーツほうじ茶って何!?と思われると思います。

スイーツほうじ茶は名前の通り、ほうじ茶にスイーツのフレーバーをつけたフレーバーティーです。

スイーツほうじ茶の種類は、いちごパフェ、桃のコンポート、ゆず、クレームブリュレ、キャラメルモンブラン、アップルパイの6種類です。

今回はスイーツほうじ茶の中のいちごパフェの紹介をいたします。

 スイーツほうじ茶 いちごパフェ

まずはパッケージから紹介いたします。

チャック付きの袋に入っています。

ティーバックが5個入りで税込み626円でした。

スイーツほうじ茶は全てティーバックでの販売となっています。

ティーバック1個のみの販売や6種類全部を1つずつお試し出来るアソートのセットの販売もあります。

ティーバック1つにつき、3gの茶葉が入っています。

3gでも結構な量が入っています。

ティーバックはメッシュタイプのものです。

商品説明:綺麗に飾られたキラキラ輝く甘いいちごと、コクのある生クリームのいちごパフェの香りをイメージして作ったほうじ茶です。

甘いものが食べたい!そんな時、スイーツ感覚でお飲みいただけるお茶です。

茶葉の香り

茶葉の香りは、最初にいちごの甘い香りを強く感じます。

その後にほうじ茶の香ばしい香りがします。

ほうじ茶の香りがするのにいちごの香りも強く感じるので期待してしまいます。

茶葉には、国産の緑茶で作られたほうじ茶の他に野いちごの葉、乾燥いちごが入っています。

飲んだ感想

まずはホットで飲んでみました。

パッケージに記載されている抽出時間は30秒~1分となっていたので、沸騰したお湯で1分抽出しました。

水色はこのような感じです👇

抽出時間が短いのであまり香りやお茶の色が出ないかと思いましたが、香りもお茶の色もしっかりと出ています。

口に含んだ瞬間にいちごの風味を感じられます。

茶葉の時とは違って、甘酸っぱい感じのいちごのではなく、少しまろやかないちごの風味です。

その後にほうじ茶の風味を感じます。

飲んだ後に口の中に残る風味が、いちごの風味と生クリームを感じられます。

確かにいちごパフェっぽいと思いました。

これなら寒い時期でも体を温めつつ、甘いものを口にする必要がないのでいいなと思いました。

次に水出しにしてみました。

冷蔵庫に入れて7時間抽出しました。

水色はこのような感じです👇

お茶の香りは、ほうじ茶の香りよりいちごの香りを強く感じます。

飲むと、やはりいちごの風味を強く感じられます。

ほうじ茶感はあまり感じられませんが、いちごの風味が美味しいです。

水出しだといちごパフェというよりいちごシャーベットのような。

とにかくいちごの風味が強く出ていて美味しいです。

飲んだ後に口に残る風味もいちごです。

ホットも美味しいですが、水出しも捨てがたいです。

この強いいちごの風味がくせになります。

スイーツほうじ茶 いちごパフェに合うお茶請け

本日紹介したスイーツほうじ茶 いちごパフェに合うお茶請けは、ローソンのUchi Cafeシリーズのとろけるクリームの苺ショートです。

カップタイプのケーキです。

税込み315円でした。

生クリームがハートの形になっているのが可愛いです。

一口すくってみると、たっぷりの生クリームです。

中身が分かりずらいですが、一番上にいちご、生クリーム、スポンジケーキ。

中にもいちごが入っていました。

食べてみると、スポンジがふわふわで驚きました。

生クリームと一緒に溶けてなくなってしまいます。

味はコンビニのスイーツとは思えないクォリティです。

生クリームがたっぷりなので甘党さんなら大好きな味なのではないでしょうか。

生クリームがたっぷりなので甘いものが苦手な方、生クリームが苦手な方は食べるのが辛いスイーツかと思います。

ここでスイーツほうじ茶 いちごパフェを合わせると、いちごパフェのお茶に足りなかった生クリーム感をアップさせる事が出来ます。

また、生クリームで甘くなった口をほうじ茶がすっきりとさせてくれます。

ほうじ茶とショートケーキの組み合わせは一見合わない気もしましたが、いちごパフェフレーバーなので意外とマッチしていて最後まで美味しく頂けました。

ほうじ茶がなかったら甘くて最後まで食べられなかったかもしれません。


にほんブログ村↩お茶のブログランキングに参加中です🍵

コメント

タイトルとURLをコピーしました