スポンサーリンク

ルピシアボンマルシェ限定 ミルククッキーを飲んでみた。ミルククッキーはルピシアのあの紅茶とそっくり!?

紅茶

ルピシアボンマルシェ

お茶の専門店のルピシアに、ルピシアボンマルシェというお店があるのはご存じですか?

ルピシアボンマルシェは、主にアウトレットに入っています。

ボンマルシェではルピシアの通常商品の賞味期限の近いものがルピシアの店舗よりお手頃価格で購入が出来ます。

また、ボンマルシェ限定のお茶も販売されています。

ボンマルシェについての記事はこちらです。⇩

ボンマルシェ限定 ミルククッキー

本日紹介するお茶は、ボンマルシェ限定の「ミルククッキー」というフレーバー紅茶です。

私が見た時はリーフタイプのみ販売されていました。

リーフが50g入りで税抜き500円でした。

商品説明:ホワイトチョコとナッツが甘く香ばしく調和する、上質な焼き菓子をイメージした紅茶。

ミルクティーにも。

茶葉の香り

茶葉の香りは、甘い香りに少し酸味のある香りがします。

酸味のある香りのおかげで甘いだけではなく、スッキリとした香りです。

茶葉には、銀色のアラザンに銀色の金平糖と目にも華やかな紅茶です。

飲んだ感想

まずはホットで飲んでみました。

沸騰したお湯で2分抽出しました。

水色はこのような感じです👇

紅茶の優しい香りに、甘いクッキーのような香りがします。

飲んでみると、フルーティーな紅茶の風味を一番最初に感じられます。

その後に甘く、香ばしい風味を感じられます。

渋みがないのでストレートでも美味しく飲めます。

次にミルクティーにしてみました。

水色はこのような感じです👇

ミルクを入れると、本当にホワイトチョコのクッキーのような甘い香りがします。

チョコレートの香りではなく、ホワイトチョコレートの香りを再現出来ているのがすごいなと思いました。

飲んでみると、サラっとした感じのミルクティーで甘い香りなのですがスッキリとした味わいです。

次に水出しにしてみました。

冷蔵庫に入れて10時間抽出しました。

水色はこのような感じです👇

写真では分からないのですが、アラザンや銀箔が溶けて紅茶がキラキラしていて綺麗でした。

飲んでみると、少し酸味があるけれど甘い風味を感じられます。

水出しの方が少し後味に渋みを感じました。

ですが気になる渋みではありません。

ミルククッキーに合うお茶請け

本日紹介したミルククッキーに合うお茶請けは、ホワイトチョコチップクッキーです。

こちらは、10/6に発売された森永の季節限定のクッキーです。

個包されていて、1袋に2枚クッキーが入っています。

1箱に6袋入っていて12枚クッキーが入っています。

クッキー1枚当たりのカロリーは、49キロカロリーです。

商品説明:ミルクの風味豊かなサクサクのクッキーになめらかなホワイトチョコチップをたっぷり混ぜて焼き上げた、この季節に食べたくなるコク深い味わいをお楽しみください。

食べた感想

食べてみると、サクッとした食感に噛むとザクザクした食感がします。

ミルクの風味もしっかりと感じられて美味しいです。

ミルクの風味が強いので、クッキーというよりミルクケーキというお菓子の風味に少し似ているなと思いました。

ザクザクの食感は、クッキーにオートミールが入っているからでした。

このオートミールのザクザクの食感がクセになります。

肝心のホワイトチョコチップは正直あまり感じられませんでしたが、ミルクの風味がしっかりとした食べ応えのある美味しいクッキーです。

ここで本日紹介したミルククッキーと合わせると、紅茶の風味がより深まりとても美味しいです。

今回はミルクティーと合わせましたが、ストレートティーでも合います。

どちらも甘いけど甘過ぎない、スッキリとした甘さの組み合わせです。

森永製菓 ホワイトチョコチップクッキー 12枚 ×5袋新品価格
¥1,560から
(2020/10/21 11:20時点)

ミルククッキーはあの紅茶とそっくり!?

本日紹介したボンマルシェ限定の紅茶、ミルククッキーですが、ルピシアのある紅茶にそっくりだと思いました。

それは、ルピシアのクリスマス限定のフレーバー紅茶、ホワイトクリスマスです。

茶葉を見てみると、見た目はそっくりです。

ホワイトクリスマスにも銀色のアラザン、銀色の金平糖が入っています。

ミルククッキーと見比べてみると。。

よく見てみると、若干の違いですが、ホワイトクリスマスの方がCTCの茶葉が多いと思いました。

※CTC(シーティーシー)とは、紅茶の茶葉を加工する際に丸い粒状に加工した紅茶の茶葉の事をいいます。

丸い粒状に仕上げる事で、茶葉の面積が増えるので抽出時に出る茶汁が濃く出ます。

その為、通常の茶葉よりも紅茶の色(水色)は濃くなり、味も濃厚、香りは穏やかになります。

コクが強く出るのでミルクティー向きの茶葉になります。

ホワイトクリスマスの原料を見てみると、紅茶、アラザン(砂糖、コンスターチ)、香料、着色料(銀箔)、糊料(アラビアガム)とミルククッキーと全く同じでした。

ミルククッキーの原料⇩

ホワイトクリスマスの商品説明:ホワイトチョコレートとナッツが織りなす、甘く香ばしい焼き菓子とイメージした紅茶。

雪がしんしんと降る聖なる日にほっとできる優しい風味です。ミルクティーにもおすすめ。

ミルククッキーの商品説明:ホワイトチョコとナッツが甘く香ばしく調和する、上質な焼き菓子をイメージした紅茶。

ミルクティーにも。

ホワイトクリスマスの雪がしんしんと降る文以外はほぼ同じですね。

ホワイトクリスマスとミルククッキーの茶葉の香り

ホワイトクリスマスとミルククッキーの茶葉の香りを香ってみると、ホワイトクリスマスの方が甘い香りで優しい香りです。

ミルククッキーの方は、先ほどにも言いましたがホワイトクリスマスと比べてみても酸味のある香りがしました。

ホワイトクリスマスとミルククッキーを飲み比べ

どちらも同じ条件で沸騰したお湯で2分抽出しました。

水色はこのような感じです👇

水色はどちらも同じように見えます。

飲んでみると、ホワイトクリスマスの方が渋みを感じます。

ミルククッキーは渋みがなく飲みやすいです。

ストレートティーではフレーバーの感じ方には特に違いは感じられませんでした。

次にミルクティーにしてみました。

水色はこのような感じです👇

ホワイトクリスマスの方が少し濃い水色をしています。

飲んでみると、ホワイトクリスマスはコクがあり、甘いホワイトクッキーの風味を感じられます。

ミルククッキーは、ホワイトクリスマスに比べるとサラッとしていてコクがありません。

ホワイトクリスマスを飲んだ後にミルククッキーを飲むと味が薄く感じられました。

コクのある甘いミルクティーが飲みたいのであればホワイトクリスマスをおすすめします。

甘さも欲しいけど甘ったるい感じではなく、スッキリとしたミルクティーが飲みたい場合はミルククッキーがおすすめです。


にほんブログ村↩お茶のブログランキングに参加中です🍵

コメント

タイトルとURLをコピーしました